会社を辞めよう!


前回は悩みはじめの記事を書きました。
今回は会社を辞めるかどうかのくだりです。

辞めたら生きていけんのか?
こいつが一番最初の疑問でした。

悩み始めた当時は子供も大学に通い、車を買い替え、結構あちこちに出かけたりとある程度の給料を使って比較的好き放題にやっていました。でも、給料がそもそもあるかどうかわからないのにこんな生活できんのか?

とにかく、可能性をいろいろ考えてみることにしました。

最初に考えたのは、もう50も過ぎてるし、退職金もらって適当な金づる:バイトくらいを見つけて食つなぐ・・・いわゆる逃げ切り路線。

まあ、これなら何とかなるとは思うけど、なんか社会から捨てられたみたいな感じでやだなあ。こんな感じでいったら、そのまま浮上できないんとちゃうか、と思ってこの路線はボツとなりました。

次に考えたのは、何とか同じ給料レベルの仕事を探す路線。
でも、トーゼンだけど、同じ給料もらうなら物理的に同じ時間と体力がいるだけ。まあ、意味がないな。

と考えると、当時は地方と思ってなかったけど、思い切って起業?というところに行き着きました。

でも、安易な起業は厳しい。ある程度の準備期間がいる。でも幸い、失業保険は十分に掛け期間があって向こう1年間はもらえる。

そう考えて家の本棚を見渡すと・・・意外と並んでいました。こんな生き方に関係する本が(笑)

月3万円ビジネス

ワークシフト

サービススタートアップ

などなど・・・

今思うとこれは不思議。正直あまり会社を辞めるという考えは意識してなかったんだけど、考えてみたら、ずいぶん前からこんな仕事面白いなという軽い気持ちで結構、この手の本を読んでいました。

ただし、ここにはまだ地域おこし協力隊の本はなかったんですがね(笑)

つらつら眺めていると、なんとなーくできそうかなというざっくりとした感触、気持ちが湧き上がってきました。ここはもう理屈ではなく、カンですカン(笑)

かなり安易でしたが・・・”飛び出そう”と腹をくくりました。

でも、腹をくくった後、やっぱり心配になってちょっと数字計算をしてみたんです。

家計費、学費、保険、その他もろもろ。
ここで幸いしたのが家のローン。家は中古を叩いて叩いて現金一括!で買ったのでローンというものが、我が家にはありませんでした。

これが幸いしたんですね。ローンがなければ、計算してみると貯金しなければ、必要な月々のお金はせいぜい10数万程度で大した額じゃない。あと大きいのは子供の学費くらい。

おーおー意外といけるじゃん!

という分けで、やっぱり会社を飛び出すことにしました。
(また途上ですが)結果としてどうだったのか?

 

(写真はやめてちょっとして不安を猫になぐさめられるの図)

この結果は次回、以降書きたいと思います。

 



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。