カテゴリー: 人気記事

0

田舎での仕事~理想と現実~

生活環境を自らの意志で変えるというのは、とても大きなことで、勇気がいる。それが都会から土地勘のない田舎への移住となれば、なおさらだ。
だから、一歩踏み出すには、希望を持てるような言葉がほしい。自分にもできそうだ、と思えるような移住者の声が聞きたい。移住前に自分はそう思っていた。いま、田舎への移住を考えている人も、おそらくそうなのではないか。田舎への移住を考えるときには、まず仕事について考えなくてはならない。


田舎で仕事をするためのヒントとは?

地方に引っ越しをして、都会では得られなかった生活を作っていきたい。そう考えている人であれば、都会にいた時と同じだけの収入を稼ぐという発想の人は、そう多くはないはず。それでも家族で移住するなら、最低限養っていくだけの収入が必要です。
新規就農など、地方にしっかりと受け皿のある仕事を目指すなら、必要なステップを踏むことで実現していく道筋を立てやすいでしょう。


0

古民家リフォームが結ぶ地元と移住者のWIN WINな関係。奥矢作森林塾

奥矢作森林塾のユニークな活動といえば、空き家問題に対しての独自の対策。地元の大工さんから家の改修を教わりながら空き家を住める家にリフォームする、古民家リフォーム塾を開催しています。


0

グリーンツーリズムの里へ。水俣市編

都会の人は日常では味わえない体験をし、迎える村の人は自然環境の保全に力をいれ、訪問者のホストとして副収入を得ることができる。これはまさしく成功している日本のグリーンツーリズムであり、僕が思うエキサイティングな地方のひとつの形です。


0

若者を地方に!

すべてが用意されていて「さぁ、ここで存分に遊びなさい」という“与えられるアミューズメント”に若者は辟易しています。人とふれあい、自分たちで発見できること。そんな体験ができるなら、少ないお金をかけてでも遠い地方まで出かけて行きます。そして、その場所で素敵な思い出を持ち帰ることができれば、すぐにはムリでも5年後、10年後には移住してくるかもしれない。