わが家にコアラがやってきた

先日お友達のSNSに、知り合いの人が保護した子ネコの里親を探しているとの書き込みがあった。子ネコは車道の真ん中で発見され、車が避けて通り抜けていたという。このままでは危ないと思ったその方が車に乗せ、自宅で保護していた。動物病院に連れていき、ケガがないことを確認してしばらく飼っていたが、そのお宅には別のネコもいて、一緒に飼うことが難しかったらしい。

この里親募集のSNSを見たヨメさんが自分に写真を見せて「こういうのあるけど、どうする?」と聞いてきた。

実は自分はネコが飼いたかった。ただ、すぐに飼うことは全く考えていなかった。一方ヨメさんは犬が飼いたいと普段から言っていた。犬は自分も飼ったことがあるけど、しっかり面倒をみれないと責任をもって飼うことはできないので、反対していた。朝と夕方に毎日散歩に連れていかなくてはいけないし、東京などに出かけるときは誰かにエサと散歩をお願いしなくてはいけない。今はまだ飼うときではないと思っていた。

この子ネコを引き取って育てるか、1週間考えた。
最後は犬派のヨメさんがひとこと「やっぱり気になる。飼いたい」と言ったので、決心がついた。

「よし、飼ってみるか。」

子ネコは保護していた方が住む、佐野からやってきた。
栃木県の南から北へ、嫌いな車を我慢してわが家の中に開放されてからは、すぐに家の探検が始まった。

名前は「コアラ」。
保護した人が鼻の色がコアラに似ているので付けた名前。
「自分で好きな名前を付けてくださいね」とその方に言われてしばらく考えたが、一番しっくりくる名前だったので、そのままコアラにすることにした。

これからわが家の一員。
よろしく。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。